上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

夜中にふっと、
自分のことを抱きしめてくれるようなやさしいことばが欲しくなった。
なんだか私、思春期の中学生みたいね。


優しい男性にささやいてほしい?
ううん、きっと誰でも大丈夫。

がんばってるね
大丈夫だよ

そんなことば ネットで読んでも心に響く一歩手前で消えちゃうけど
でも、言ってほしいって思ったのなら
私も誰かに言ってあげるしかないじゃない。


どんなことば 言われたい?
もっとできるよ はプレッシャーになっちゃうかな?
大好きだよ とかが安心するかな?


そうやって言ってほしいことば
具体的に見つかるってことが

自分自身に言ってあげているってことじゃないのかな。
スポンサーサイト
line

春は、別れの季節でもあるんだ。

学校を卒業したら、みんな別の進路に進み出す。



自分の家で友人と遊んで、その子が帰る。そんな時の話。
見送ったあと、家がさっきまでの雰囲気と違って静かになった気がして、寂しい。


一緒に駅まで見送りに行くと、
自分も、家に帰った時に安心感が感じられる。

あぁ今日は楽しかったなあと思える帰りの道のり。


別れっていうのはきっと、誰かが自分の元から去ってゆくと考えてはいけない。
自分も大切な人と同じ場所から、別の方を向いて進んで行くこと。

おなじ歩数で、どこまでいけるかなぁ?
line


世の中には、理不尽なことがある。
何か良くなることを目指して頑張ることが、皮肉にも悪いことに向かっていたりする。

理想を追うことがすごいことだとドラマで伝えて、仲間たちも変化していく一方
経営をする為にはそれじゃダメなんだと苦しむ役割もいる。



最近の紙おむつとかは、吸収力が上がり交換回数が少なくてすむ。
だからといってお母さんは1日3回の交換とかで子どもを放置する訳にはいかないけれど。

それでも、企業側がより便利で高性能な紙おむつを開発することは
商品の売り上げが減少していくことに繋がるんじゃないだろうか?

売上げ額を考えたら、粗悪な商品をたくさん買ってもらった方がいいの…?
いいものを作るごとに値段を上げていかなくちゃいけないのかな…?

そんな心配をしたくなっちゃうね。
その企業が向かう先はどこなんだろう。



自分の思い描いた 「みんなにとっての良さ」が改善の努力の途中で
自分の損失になると分かったら…


私は最後まで頑張れるだろうか。
誰かの為にっていう力はすごく大きいものだと信じてみたい。







line

この前、アイドルに感動したのはいつだろう。


元々熱心に女性アイドルを見る数は少ないけれど、
お芝居や映画を観るよりたくさんのテレビやライブステージがある。

だけど感動するのは、ミュージカル映画を観た時やお芝居を見た時の方が多いかもしれない。

お芝居をするのはどこか苦手意識があるけれど、
お芝居を見て感動すると芝居をしたい!と燃え上がる気持ちがあるし
何よりまた明日から頑張っていこうっていう無限の行動欲が生まれる。


最近、女性アイドルを見て大きな感動を得ることが無くなっているなと思うし、
テレビや、商品を買ってまでこまめにその人を知るということも面倒になってきちゃった。


女性アイドルと男性アイドルは全然違うと思う。

Endless SHOCKでの事故を聞いて、堂本光一さんが今までに作り上げてきた舞台に想いを馳せる。
真近のステージに立つ彼を見たことはなく、彼が創り上げてきたものも全然知らない。


ただ、彼が背負っている重みや責任を伺うほどに切なくなり
DVDやドキュメンタリー番組だけじゃなくて同じ空間に行き、ちゃんと舞台を観て感動しなくてはと思う。


感動っていうのは、自分の知らないものを初めて知った時のSHOCKなんだと思う。


line

会いたい人がいる。
会えないから、寂しい?
ううん、会える日を夢見て心はメラメラしてるよ。

会ったら「ずっと会いたかったです」
そう言おうかな?
おかしいな、私が大切にしている言葉は「また明日」なのに。
諦めてるみたいじゃん。

その人は寂しくないのかな。
でも、誰だって寂しくなることはあると思うの。

お金や数字にはならなくたって、今日もその人を好きって気持ちが生まれて
ちょっと世界がきらめいたりしてる。

もしも、その人が寂しくなることがあるのならこんなこと思っている人もいるんだってことだけ、伝わればいいな。


私も寂しくなったとき、誰かに「好きだよ」「大切だよ」って言われなくても
気づける自分でいたい。
私は、大切なんだって。

これを読んでいるあなたも、
好きだな、すごいなってふと心の中で想う人がいること 忘れないでほしいな。


なんで、忘れちゃうんだろうね?
きっと周りのみんな恥ずかしがり屋で言えないから。


line
line

line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。