上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

私たちはいつまで、
人に認められない そんな切なさに涙を流して生きていかなくてはいけないんだろう。


まぶたが熱くなる
胸がキュンと痛む

久しぶりに切なく、この上手くいかない自分をこわしてしまいたくなるような屈辱さを含む泣き方。



自分は自分で、人からどう思われたっていいわって生きてたくせに
誰かの心の奥のコンプレックスに「まぁ気にしないでさ」なんて言ったくせに

私は誰からも嫌われたくない、好かれたいって生きてる
誰かに嫌われた自分を心の中で殺そうとして、いい子になろうとしてみて
今度はどう成長すればいいのかわか無くなってる。



私は私で生きていいよ ってさ、誰が言ってくれるんだろうね。
私の人格の半分くらいはきっと、お母さんの教育によってできたお母さんのものなんだよ。なのにね、今はお母さんに理解されない部分が多い。


私が私として1人で生きていけるのはいつなのか。まだ、子どもだ。

自分が自分を愛せる根源はなんなのか。
まだまだ答えが出ない。自分と周りの関係。
いつか同じ想いに悩む人に納得の答えを与えられますように。


それでも私は、傷ついてでも愛を諦めないで生きていきたいよ。
スポンサーサイト
line

夜が好き。
いつもよりいっぱい遊べた帰り道。
お祭りの時くらいの貴重な体験にドキドキする。
君の腕を掴みたくなる。
いつもより思い切ったこと、できそうな気分になる。

考えごとがいい方向に進みそう。
なんか力を与えられている感じがする。
夜はきっと特別な時間だから、普段のやるせなさな理不尽感がどこかに行っちゃうね。

でもね、夜が怖くないのは、帰るお家があるから。
明日がまたやってくるから。

line

私は、
一度着ている服が似合わないと言われたら、もうその服を着れなくなる人です。


自分をひとことで紹介するなら、これが重みを持つ。



それだけ、気にしすぎてしまう弱い人なのです。
怖さから、頑なに突き通してしまう人間なのです。

line

そんなタイトルの曲がある。


この曲を聴いてから
自分が悩んでいるとき、少し苦しいとき
その言葉にならない想いを

「ありふれた」と命名することができるようになった。


みんな同じように悩みながら生きていくのかなって思えたり、

この想いがありふれているなんて、そんなの悲しいよって思うようになった。


この想いは、「ありふれた」に収まるものだろうか。
ひとつの新しい尺度。

more...

line

自分のこと、好きだよ。

いつまでもこの心でいたい。
成長してどんどん豊かになることは望んでいる。
だけど、この心がひとかけらでもどこかに行っちゃったら
すごく寂しい。


もっと真っ白になればいい。
この幸せが、あなたにも届きますように。
どうか迫害されませんように。


一緒に幸せを感じてくれる人が私を囲み、
幸せになんてなれるはずないって言う人がいなくなっちゃえ。


あなたに愛を運ぶ天使でありたい。

全てを愛してるから。
失敗も不安も全部オールオッケーだよ!


よく考えたら、嫌いなものなんてなんにもない。


いつだって、今が一番 幸せさ。


line
line

line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。